photo gallery~山地空海

多良間ダイビング

d0177359_23325080.jpg

 多良間島は宮古島と石垣島の中間にある人口1300人ほどの小さな島ですが、宮古島から1日2便RACが飛んでいるので、羽田発宮古行きの朝一便に乗れれば午前11時前には現地に着いて、午後1~2ダイブできます。
d0177359_2335361.jpg


 オニヒトデや白化でサンゴが傷んでいる地域が多い中、元気なサンゴが多いというのが多良間の一番の特徴です。現地にはDSが一つしかないのですが、そのショップの方が島周辺のオニヒトデ駆除を一手に担っているそうです(頭が下がりますね)。
d0177359_10342680.jpg

d0177359_1035791.jpg

d0177359_23424390.jpg

d0177359_1184395.jpg

 ヨスジフエダイもめっさ群れてました。
d0177359_10353358.jpg

多良間は農業・畜産に従事する方が多いのでグルクンを取る人は少ないそうです。そのせいか、グルクンも異様に群れてます。
d0177359_0184667.jpg


 多良間島でステイするダイバーはペンション「あだん」か夢パティオたらまの2択になるのですが、私は夢パティオたらま(下)に宿泊しました。2003年築なので建物は小ぎれいだし、ベッドメイクやタオル取替えはうれしいサービスなのですが、外シャワーとかダイバーに配慮した造りになっていないのが難点。写真に映っている器材洗い用のポリ容器もDSの人が置いたものです。村営ということもあって、親方日の丸の弊害がでているのかもしれません。
 それと、ここはかなりの島時間です。こっちもそこら辺は承知の上で沖縄旅行しているのですが、チェックインしたとき、ベッドメイクが済んでおらず受付で30分近く待たされたときはさずがにヤキモキしました。飛行機が2便しかないんだから、チェックインの時間なんてだいたい予想できそうなもんだけど・・・。
d0177359_23364173.jpg


 下は多良間みやげの代表例、「たらまんぼー」と「ぱなぱんぴん」。どちらも素朴な味ですが、個人的にはたらまんぼー(ギンビスのアスパラガスビスケット似の味)の方が好きでした。
d0177359_23372250.jpg


FUJIFILM FinePixF30
INON フィッシュアイレンズ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaz_endo | 2010-07-17 10:37 | 水中写真